【必見】みずほ銀行カードローンで増額融資!増額融資の際に気をつけることは何?注意点は?

増額融資と追加融資はどう違うの?

 

みずほ銀行でローンを利用するとき、増額融資追加融資のどちらかを利用することができます。

 

どちらも似たような文字ですが、実は意味が全く違います。

追加融資というのは、例えば100万円の枠がある中で30万円だけ融資して、足りなくなったのでさらに30万円の融資をすることです。

この場合は、 元々は100万円まで融資可能なのでスムーズな融資が可能です。

それとは違って増額融資というのは、例えば30万円のローンを組んだけど、さらに20万円必要になったのでまたローンの依頼をすることです。

 

当然ながら審査のレベルは段違いです。

 

なぜ増額融資の場合は審査が厳しくなるの?

 

銀行側は、いったんこの程度までなら融資しても大丈夫という枠を設定しますので、その枠の範囲内であれば好きに利用してもらっても構わないとしています。

 

しかし、その枠からはみ出る増額融資希望の場合は、慎重になります。

要するに、融資の許容範囲を超える依頼なのですから、その人がきちんと返済できるかどうかをしっかりとチェックしないといけません。

なので、追加融資のときみたいに二つ返事で引き受けるわけにはいかないのです。

 

増額申請は時間がかかりますので、みずほ銀行カードローンを利用するときには最初から多めの枠を希望しておきましょう。

 

みずほ銀行サイドからオファーがくることも

 

基本的には、増額融資の依頼は自分からするものですが、信用状態が良好な場合はみずほ銀行の方からオファーがくることもあります。

 

そのときは、向こうからのオファーなので審査もそんなに厳しくありません。

それどころか、むしろローンを利用してほしいと思っているので、ほぼ100%審査に通ります。

 

なので、自分から増額融資を希望するのではなくて、まずは信用を作ってみずほ銀行からオファーが来るのを待つのもいいでしょう。

 

増額申請は諸刃の剣だと覚えておく

 

増額申請というのは、自分にお金が無いということをわざわざアピールする意味合いもあるので、逆に利用限度額を引き下げられる可能性も出てきます。

 

返済をきちんと行っていれば問題ないですが、返済が遅れがちの状態で増額融資を申請したら、むしろ泣きっ面に蜂の結果になることもあります。

なので、増額融資を希望するくらいなら、むしろ審査が緩い消費者金融の方でカードローンを利用した方がいいかもしれません。

 

みずほ銀行カードローンは低金利なのでとても便利ですが、増額するときはこのような注意点があることは覚えておいてください。

 

 

 

-みずほ銀行カードローン