みずほ銀行カードローンを上手に返済するための3つのポイント!賢く返済をするための秘訣!

みずほ銀行カードローンを賢く返済するには?

 

ローンの返済をするとき、賢く返済することによって余計な手数料をかけずに済みます。

なので、毎月振込などで返済するのではなくて、自動引き落としを設定するといいでしょう。

そうすれば、手数料無しで返済が可能です。

 

カードローンの返済のためには、みずほ銀行口座を持っておくと便利でしょう。

口座からの引き落としにしておけば振込忘れがありません。

 

ついでに給料振込先をみずほ銀行に設定しておけば、わざわざみずほ銀行に入金する手間もなくなるのでお勧めの方法です。

 

カードローンを1日でも早く返済するためには?

 

毎月の自動引き落としにしておけば、返済手数料などがかからずに楽に返済できますが、毎月自動返済をしていてもいつまで経ってもローンは減りません。

 

カードローンを完済するためには、繰り上げ返済が大事です。

繰り上げ返済することによって、余計な金利を支払うことなく全額返済が可能になります。

繰り上げ返済するためには、みずほダイレクトで行うことができます。

カードローンというのは、利息から返済するシステムになっているので、いつまで経っても元金が減らないシステムになっています。

 

なので、前倒しで返済していくことが大事です。

 

正しく返済するための豆知識をご紹介!

 

みずほ銀行の返済日は毎月10日です。

なので、その日までに口座にお金を用意しておきましょう。

 

また、10日が休みの場合には翌営業日の引き落としになります。

ぎりぎりに入金すると、引き落としのタイミングに間に合わないことがありますので、返済は余裕を持って行うことが大事です。

 

さらに、返済シミュレータを使って、どのくらいの返済期間や金額になるのかをイメージすることも大事です。

そうすれば、どのくらい前倒しで返済すればいいのかも自然とわかるようになります。

シミュレータは無料で使うことができるので、どんどん活用しましょう。

 

返済が遅れたらどうなるの?

 

仮に入金忘れなどで返済が遅れてしまったらどうなるのでしょうか。

そのときはまずカードローンの新規利用が不可になります。

ただ、再引き落としはその日のうちにまた行われますので、もしも入金を忘れていたら翌日になる前に入金しておきましょう。

 

また、一度でも返済が遅れてしまうと、あなたの信用に傷が付いてしまうので、増額融資をするときにもマイナスになります。

あまりにも返済が遅れてしまうと、重大なペナルティが課されてしまうケースがあるので、そうなる前にまずはみずほ銀行に相談するといいでしょう。

 

 

 

 

-みずほ銀行カードローン